為替の仕組み基礎の基礎

世界中にたくさんの種類が流通している「お金」。

世界中のお金にそれぞれ価値がありますが、みなさんの手元にある「円の価値」が上がる、下がるというのはどのようにして決まってるのでしょうか?

それは為替相場が大きく影響しています。為替相場とは世界の通貨を交換する際の交換レートの事で「円の価値」は為替市場で決められる仕組みになっています。

為替相場の中でも円安・円高という言葉はよく耳にすると思いますが、為替が円安とは他の国の通貨(ドルやユーロ)などの通貨に対して円の価値が下がる事を言います。

例えば1ドル90円だったものが為替相場の変動により100円になる。これが「円安」と呼ばれるものの仕組みで、逆に1ドルが100円だった時に相場の変動により1ドル90円になった場合は「円高」と呼ぶことになります。一見、円が上がったのに円安?と仕組みに戸惑うかもしれませんが「1ドル90円で購入できたものが100円出さなければ買えなくなった」と考えれば円の価値が下がったという仕組みが理解しやすいかと思います。

円安のメリットとして、海外を相手にする輸出系の仕事は好調になりますが、デメリットとして外国の商品が高くなるので、できれば海外のブランド品の購入や海外旅行に行きたいという気分の時は円高の時を狙うようにしたいですね。

円高、円安の為替相場の変動が起きやすいタイミングとして、アメリカの経済指標の発表時がありますが、面白いもので日本銀行の総裁である黒田さんの発言だけで世界の通貨に影響するということもあります。各国の通貨価値の仕組みは色々な国の経済の小さな要因から大きな要因までが影響しあって、今も為替相場に変動が起こっているということになります。